港区で選ぶ

東京都港区で投資用物件を選ぶ

東京都港区の魅力

港区の魅力

意外と緑に溢れる港区
(東京都立青山公園)

不動産投資の魅力の詰まった”港区”

港区の2022年1月1日現在の人口は、257,183人・145,951世帯です。
(外国人も含んだデータです。データ先:東京都港区HPより)
https://www.city.minato.tokyo.jp/toukeichousa/kuse/toke/jinko/kako/kako.html

ビジネスと住居が馴染んだ「青山」、外国人にも人気スポットの「六本木」、高級住宅街の代名詞「白金」、商店街もあり生活が楽しい「麻布」、オフィス街の「赤坂」、湾岸エリアの「品川」「お台場

テレビや雑誌で見たことある・聞いたことある地名が多い港区。

六本木ヒルズや赤坂サカス、東京ミッドタウン…。

建物自体も有名で、歩いているだけで様々な建築物に巡り会えます。

港区の魅力、それは「住んでいるだけで、そこにいるだけで、味わえるステイタス感!」ではないでしょうか。

東京都港区の特徴

東京都港区の特徴

地下鉄が充実
(青山一丁目駅)

国内外問わず、人気スポットを多く擁していますので、人の流入が途切れることは少なく、「住む」「働く」「楽しむ」需要があります。

レジデンスだけでなく、オフィス、ショップなどの不動産需要が見込めます。

多角な不動産経営を考えられる、という意味で、不動産投資に強い街と言えるでしょう。

例えば、一棟ビルを建て、1階は店舗、2階3階は住居にして貸し出す、あるいは1階は店舗、2階3階は自分で住む、1階は店舗、2階は住居にして貸出し、3階は自分で住むという複数の選択のうち、どれかひとつが正解あるいは誤り、ということではなく、自分のライフスタイルに合わせた不動産投資が実現しやすいのが港区と言えるでしょう。

これは、「住む」「働く」「楽しむ」という複合的な人間が生きる要素があるからなのです。

東京都港区の選定

東京都港区の選定

湾岸は落ち着いたエリア
(京浜運河付近)

港区と一言に言っても、エリアでその様相は変わってきます。

例えば、築を経ても価値・人気のあるヴィンテージマンションを擁するエリア(麻布や赤坂・六本木)は「土地」そのものに価値があります。

湾岸エリアの近い品川は、駅前はオフィス街で、駅前を取り囲むように高層マンションが拡がり、「土地」に加え、「便利さ」が人気の理由と言えるでしょう。

「どのエリアで」「どんな未来のビジョンで」「不動産投資をするか」

これを明確にして、物件を選定しましょう。

ご相談はこちら

東京都港区新着物件

  • 東京都港区浜松町1丁目

    東京都港区浜松町1丁目の物件情報

    価格
    4,180万円
    表面利回り
    3.33

    物件詳細

東京都港区物件一覧を見る

ビーエフエステート株式会社

住所:
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山811

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日

電話番号:
03-5778-9888(代表) 
03-6427-4888(賃貸管理部)

FAX番号:03-5778-9887

お問い合わせ