不動産投資ローンの種類

不動産ローンの種類

不動産投資におけるローン(融資)の種類は大きく分けて2種類あります。

このページでは不動産投資の融資について理解しましょう。

アパートローン

アパートローン

アパートローンは、融資期間や金利等の融資条件がパッケージ化されていて、融資先は主にサラリーマンなどが対象です。

融資が下りる条件がリスト化されており、銀行のチェックをクリアすれば融資を受けることが可能になります。

プロパーローン

プロパーローン

プロパーローンは、融資条件が案件ごとに個別対応され、会社経営者や地主が対象です。

そのため、アパートローンのように定型的なチェックリストはなく、物件の評価や借り手の財務状況などを総合的に審査して融資条件が決まります。

金利の種類

金利の種類

金利の種類は、固定金利と変動金利の2種類があります。

融資を受けたら、借入額だけを返済するわけでなく、金利を上乗せして返済する必要があります。

固定金利

固定金利

固定金利の場合、指定された期間は一定の金利で返済します。

メリットは、返済額が確定していて資金計画が立てやすく、融資を受けた後に市場金利が 上がっても影響を受けにくいという点です。

物件の売却などにより返済を早めると違約金が生じたり、融資を受けた後に市場金利が下 がっても恩恵を受けくいという点がデメリットです。

変動金利

変動金利

変動金利の場合、状況に応じて金利が変動します。

メリットは固定金利と比べて金利が低く、金利が上昇しなければ返済しやすいという点です。

返済額が確定しないため資金計画が立てにくく、金利が上昇すれば返済しづらくなるリスクがあるという点がデメリットです。

返済方法の種類

返済方法の種類

融資を受けた際の返済方法には「元金均等返済」と「元利均等返済」の2種類があります。

元金均等返済

元金均等返済

元金均等返済では、融資期間で均等に割った元金イコール借入額と、借入残高から計算される利息を合算して返済します。

元金の減少が早く、同じ返済期間の場合、元利均等返済より総返済額が少なくなる点がメリットです。

最初の返済負担が重くなる点がデメリットです。

元利均等返済

元利均等返済

元利均等返済では、元金と利息の合計額を融資期間で均等に割って返済します。

返済開始から終了まで返済額が同額のため、資金計画が立てやすい点がメリットです。

最初の返済は金利が占める割合が高く、借入残高がなかなか減りにくい点がデメリットです。

記事監修:ビーエフエステート株式会社

ビーエフエステートエントランス

主に関東を中心とした投資用不動産を扱う不動産会社。不動産投資をしているスタッフも多数在籍しており、お客様目線で物件のご紹介やご融資のご相談などのトータルサポートをさせていただきます。
また賃貸管理や施工といったご相談も受け付けております。

ビーエフエステート株式会社について

ビーエフエステート株式会社

住所:
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山811

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日

電話番号:
03-5778-9888(代表) 
03-6427-4888(賃貸管理部)

FAX番号:03-5778-9887

お問い合わせ